コラム・連載・特集

「病知らず」さんまさんの極意

2021/6/12 6:00

 明石家さんまさんは、病知らずが自慢らしい。先日はテレビ番組で食生活の心掛けを明かしていた。よく口にする三つのうち、赤ワインと発酵食品はともかくイワシを挙げたのは意外だった▲「サンマだろ」とツッコミを誘ったのかと思えば、正味の話だという。あれだけ出ずっぱりなのに、番組に穴をあけた覚えがない人の言葉だけに重みがある。思わぬ援軍に広島湾の漁師さんたちも元気が出よう。小イワシ漁がおととい解禁となった▲小イワシは字引に出てこない。広島ならではの呼び名で、本名はカタクチイワシ。俳句の世界で鰯(いわし)や鰯雲は秋の季語だが、本紙の中国俳壇にはこの季節、時とすると読者からの投句がある▲<キラキラと鰯の群(むれ)で海動く>。瀬戸の島々を望む中学校の生徒が詠んだ句である。<海動く>は、浜育ちだからこその感動だろうか。なるほど小イワシの肌には、海をそのまま抜き取ったような青の濃淡や水面(みなも)きらめく光が見て取れることもある▲刺し身よし、てんぷらによし、そして健康になおよし。この夏は古里の旬を味わいつつ、さんまさんの信条に思いをはせてみたい。「生きてるだけで丸もうけ」。金もうけより生きもうけである。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

天風録の最新記事
一覧