コラム・連載・特集

決別 金権政治

安倍氏、河井夫妻への1億5000万円「近く党本部が説明」 二階氏が担うとの見解も

2021/6/16 15:50
衆院本会議場を後にする安倍前首相(中央)

衆院本会議場を後にする安倍前首相(中央)

 2019年参院選広島選挙区を舞台にした大規模買収事件で当選無効となった河井案里元参院議員の陣営に公示前、自民党本部が1億5千万円を提供した問題を巡り、当時党総裁だった安倍晋三前首相(山口4区)は16日、「近々、党本部が説明しますから。幹部が整理をしているから、皆が納得するように」と話した。衆院本会議後、院内で中国新聞の取材に答えた。

 案里氏と夫で元衆院議員の克行被告(公選法違反罪で公判中)の政党支部の関係書類が検察当局に押収されていることを改めて指摘し、「資料がちゃんと戻ってきてから(党本部が)示せばいい」と話した。説明は二階俊博幹事長が担うとの見解も示した。

 安倍氏は19年の参院選当時、地元山口の秘書団を広島選挙区に送り込むなど熱心に案里氏を応援した。1億5千万円の提供を巡っては、ことし5月に二階氏から最終責任者として名指しされた。

 二階氏の発言についての見解を問うと「いきなり言われても答えない」とかわし、「嫌がらせの質問が一番よくない」と続けた。

 昨年9月に首相を退く前、国会答弁や記者会見で「政党本部から支部への政治資金の移転は何ら問題がない。そうした党務は執行部に任せている」と強調。「当局が捜査する。われわれは何かを調べる立場にない」と話していた。

【関連記事】

二階氏「政治とカネは随分きれいになった」 1.5億円問題には答えず

二階氏、1.5億円発言を修正 決定責任「総裁と幹事長に」

二階氏「私は関与していない」 林幹事長代理は「甘利氏関与」 1.5億円支出巡り

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

決別 金権政治の最新記事
一覧

  •  2019年夏の参院選で河井克行、案里夫妻が100人に計2901万円を配ったとされる買収事件では、選挙に絡んだお金のやり取りが浮き彫りとなりました。令和の時代も変わらない「金権選挙」。皆さんの地域でも耳にしたこと、目にしたことはありませんか。体験、情報、意見をぜひお寄せください。(中国新聞「決別 金権政治」取材班)

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください

    専用フォーム

    こちらから投稿ください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞編集局
    「決別 金権政治」取材班

    ファクス

    中国新聞編集局
    「決別 金権政治」取材班
    082-236-2321

 あなたにおすすめの記事