コラム・連載・特集

五輪ムード

2021/6/17 6:46

 外圧で反対封じる五輪かな―。きのうの時事川柳の一句。国民がどうあれ、先進国首脳のお墨付きを得たからもう大丈夫と、首相は思ったか。G7サミットから戻り、五輪開催へ準備を加速させた感がある。観客も1万人を上限にするとみられる▲各国の支持のほかスポンサーという「外圧」もある。米国向け放送権を持つNBCユニバーサルの意向はとりわけ絶大。「五輪に勝る番組はない」「史上最高の利益を生みそう」と、同社のトップは期待を膨らませる▲新型コロナなど眼中にないようだ。「開会式が始まれば皆、すべてを忘れて楽しむ」と自信満々。ジカ熱が懸念されたリオ五輪も、始まってみれば世界中が熱中したと振り返る。東京五輪も同じというのだろう▲もちろんアスリートの躍動は見たい。侍ジャパンにはカープの5人が選ばれた。陸上男子100メートルで日本記録を出した山縣亮太選手にも出場してほしい。病を克服した池江璃花子選手はどんな泳ぎを見せるか。パラリンピックの醍醐味(だいごみ)も見逃せない▲とはいえ説明がないのでは、すべてを忘れ、夢中になどなれない。コロナは大丈夫か。復興五輪はどこへ行ったのか。もやもやしたまま、あと36日。 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

天風録の最新記事
一覧