コラム・連載・特集

決別 金権政治

刑事告発で検察一転、被買収者を再聴取 市民団体「不起訴なら検審」【決別 金権政治】

2021/6/22 1:45

 2019年の参院選広島選挙区を舞台にした大規模買収事件で「被買収」とされる100人について、東京地検が再聴取に乗り出した。起訴か不起訴かの刑事処分を近く決めるとみられる。100人の刑事処分をしていないことには専門家などから疑問の声が出ていた。地検は不起訴処分を念頭に置いているとみられる。不起訴になれば、告発した市民団体は検察審査会に処分の不当性を訴える構えだ。

【関連記事】被買収者を再聴取 東京地検、100人の処分判断へ 起訴猶予か 河井夫妻事件

 元法相の河井克行被告(58)に実刑を言い渡した東京地裁判決で「買収の金を受け取った」と認定された100人の内訳(肩書は参院選時)は、首長2人(計170万円)▽広島県議14人(計680万円)▽市町議24人(計800万円)▽後援会員や陣営スタッフ60人(計1221万円)。総額は2871万円に上る。

 ▽議員らに電話
(ここまで 381文字/記事全文 1117文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

決別 金権政治の最新記事
一覧

  •  2019年夏の参院選で河井克行、案里夫妻が100人に計2901万円を配ったとされる買収事件では、選挙に絡んだお金のやり取りが浮き彫りとなりました。令和の時代も変わらない「金権選挙」。皆さんの地域でも耳にしたこと、目にしたことはありませんか。体験、情報、意見をぜひお寄せください。(中国新聞「決別 金権政治」取材班)

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください

    専用フォーム

    こちらから投稿ください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞編集局
    「決別 金権政治」取材班

    ファクス

    中国新聞編集局
    「決別 金権政治」取材班
    082-236-2321

 あなたにおすすめの記事