コラム・連載・特集

横山勝彦(よこやま・かつひこ) 美術館は心の病院

2021/6/23 8:20
横山勝彦さん(呉市立美術館長)

横山勝彦さん(呉市立美術館長)

 「美術館は心の病院」とは、猪熊弦一郎が自らの名前を冠した丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(香川県)の落成式で語った言葉である。美術館は、訪れた人々が日常の喧騒(けんそう)を離れ、心の健康を取り戻すことのできる場となるべきだとの画家の思いが、この言葉には凝縮されている。しかし、新型コロナウイルス感染症の流行の影響は甚大で、世界中の人々がこれまでに経験したことのない事態に巻き込まれている。「心の病院」であるべき美術館も例外ではない。
(ここまで 214文字/記事全文 834文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

想の最新記事
一覧