コラム・連載・特集

決別 金権政治

不起訴妥当か市民が判断 検察審査会、広島の元審査員「納得できるまで議論」【決別 金権政治】

2021/7/15 23:03

 2019年の参院選広島選挙区での大規模買収事件で被買収者と認定された地方議員ら40人の不起訴処分について、告発者の男性が検察審査会(検審)に審査を申し立てた。市民から選ばれた委員が、東京地検の不起訴が妥当かどうかを審査する。検審は、起訴権限を握る検察の判断に民意を反映させるのが狙い。審査員を経験した広島市の男性に審査の実態を聞いた。

 「制度は何となく知っていたけど、法律の知識もない。最初は断ろうと思った」。広島市内の60代男性は振り返る。
(ここまで 222文字/記事全文 1462文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

決別 金権政治の最新記事
一覧

  •  2019年夏の参院選で河井克行、案里夫妻が100人に計2901万円を配ったとされる買収事件では、選挙に絡んだお金のやり取りが浮き彫りとなりました。令和の時代も変わらない「金権選挙」。皆さんの地域でも耳にしたこと、目にしたことはありませんか。体験、情報、意見をぜひお寄せください。(中国新聞「決別 金権政治」取材班)

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください

    専用フォーム

    こちらから投稿ください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞編集局
    「決別 金権政治」取材班

    ファクス

    中国新聞編集局
    「決別 金権政治」取材班
    082-236-2321

 あなたにおすすめの記事