「原爆の日」特集

68ヵ国とEU代表が平和記念式典参列 広島市が発表

2014ヒロシマ2014/8/5 10:27

 広島市は4日、平和記念式典に参列する海外代表が、68カ国と欧州連合(EU)になったと発表した。米国のキャロライン・ケネディ駐日大使の出席通知も正式に届いた。

 米国の政府代表の出席は5年連続。ケネディ氏は昨年11月に着任後、初の広島訪問となる。他の核兵器保有国では英国が大使、フランスが総領事、ロシアが1等書記官の派遣を決めている。中国は欠席する。

 いったん出席の連絡が来ていたモルディブ、アルゼンチンなどが辞退し、7月15日の当初発表から3カ国減った。

 初参加はカンボジア、ギニア、キプロス、ポルトガル、リベリアの5カ国。式典では代表として、アルジェリア、ベルギーなど6カ国の駐日大使が原爆慰霊碑に花を手向ける。希望者は5日、原爆資料館の見学や、被爆者の小倉桂子さん(77)=中区=の英語による体験講話などの行事にも参加する。(田中美千子)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

2014ヒロシマの最新記事
一覧

  • 【2014平和のかたち〜ヒロシマから】漫画家・西島大介さん (8/15)

    価値観の違い 考えたい 「平和のために、これをしなきゃ駄目」と強制されない状態が平和なのではないか。平和を求めるデモに参加するのも、家族の平和を優先するのも、同じくらい大事。「絶対的な平和」というのは...

  • 核兵器禁止・脱原発を 原水協・禁、長崎で世界大会閉幕 (8/10)

     日本原水協などと原水禁国民会議などが主催する二つの原水爆禁止世界大会は9日、それぞれ長崎市で閉幕となる集会を開き、全日程を終えた。 原水協は、締めくくりのナガサキデー集会を開き、約2千人(主催者発表...

  • 両者の路線の違い鮮明に 来年見据え、歩み寄りを (8/10)

     来年迎える被爆70年と核拡散防止条約(NPT)再検討会議。今夏の日本原水協などと、原水禁国民会議などの二つの原水爆禁止世界大会は、1年後に迫る節目と正念場を見据え、核兵器をなくすための具体的な議論に...

  • 「核廃絶を」 広島でも黙とう (8/10)

     長崎原爆の日の9日、広島市と広島平和文化センターは「長崎原爆犠牲者慰霊の会」を中区の原爆資料館東館で開いた。被爆者や市民たち約50人が参加。亡くなった人たちを悼み、ヒロシマ、ナガサキ両被爆地で手を携...

  • 【2014平和のかたち〜ヒロシマから】中国残留孤児・中村美智子さん (8/10)

    ガザの子ども 姿重なる テレビでイスラエルと、パレスチナ自治区ガザの紛争のニュースを見ると、胸が痛む。 破壊される街。飛び交う銃弾。多くの子どもたちが傷つき、そして泣いている。戦争に負け、逃げ惑った当...