「原爆の日」特集

8・6参列の遺族代表、集団的自衛権に6割反対

2014ヒロシマ2014/8/5 10:28

 中国新聞調査、「戦争繰り返す」

 中国新聞は、広島市の平和記念式典に参列を予定する41都道府県の遺族代表に、憲法解釈の変更で集団的自衛権の行使を容認した閣議決定に対する評価を聞いた。6割強が閣議決定に反対。大半が「戦争に巻き込まれる」との懸念を理由に挙げた。

 集団的自衛権の行使容認について「評価しない」と答えたのは26人(63・4%)。島根県の藤田幸紀さん(73)は「戦争で痛い目に遭った。また繰り返すのはやめてほしい」と懸念。新潟県の西山謙介さん(66)は閣議決定による解釈変更を「憲法が空洞化する。許しがたい行為」と力を込めた。

 賛成は5人(12・2%)で、秋田県の堀義弘さん(59)は不安定な国際情勢に触れ「何かあった場合に米国との相互協力が必要だ」と指摘。高知県の門田律子さん(66)は「平和は自力で守るもの。現実的な国防を考えたい」と話した。「分からない・どちらとも言えない」は10人(24・4%)だった。

 また集団的自衛権と同じように、「抑止力」の面を持つ米国の「核の傘」に関する質問もした。「出るべきだ」との回答は18人(43・9%)。石川県の長谷川敏彦さん(71)は「原爆を落とした米国が、被爆国を核兵器で守るのはナンセンス」と強調した。

 一方、「分からない・どちらとも言えない」は15人(36・6%)に上った。「核の傘から抜け出た時の日本の姿が見当もつかない」「難しくて判断できない」などの理由。「とどまるべきだ」は8人(19・5%)で「平和な現状がいい」などとした。(和多正憲)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

2014ヒロシマの最新記事
一覧

  • 【2014平和のかたち〜ヒロシマから】漫画家・西島大介さん (8/15)

    価値観の違い 考えたい 「平和のために、これをしなきゃ駄目」と強制されない状態が平和なのではないか。平和を求めるデモに参加するのも、家族の平和を優先するのも、同じくらい大事。「絶対的な平和」というのは...

  • 核兵器禁止・脱原発を 原水協・禁、長崎で世界大会閉幕 (8/10)

     日本原水協などと原水禁国民会議などが主催する二つの原水爆禁止世界大会は9日、それぞれ長崎市で閉幕となる集会を開き、全日程を終えた。 原水協は、締めくくりのナガサキデー集会を開き、約2千人(主催者発表...

  • 両者の路線の違い鮮明に 来年見据え、歩み寄りを (8/10)

     来年迎える被爆70年と核拡散防止条約(NPT)再検討会議。今夏の日本原水協などと、原水禁国民会議などの二つの原水爆禁止世界大会は、1年後に迫る節目と正念場を見据え、核兵器をなくすための具体的な議論に...

  • 「核廃絶を」 広島でも黙とう (8/10)

     長崎原爆の日の9日、広島市と広島平和文化センターは「長崎原爆犠牲者慰霊の会」を中区の原爆資料館東館で開いた。被爆者や市民たち約50人が参加。亡くなった人たちを悼み、ヒロシマ、ナガサキ両被爆地で手を携...

  • 【2014平和のかたち〜ヒロシマから】中国残留孤児・中村美智子さん (8/10)

    ガザの子ども 姿重なる テレビでイスラエルと、パレスチナ自治区ガザの紛争のニュースを見ると、胸が痛む。 破壊される街。飛び交う銃弾。多くの子どもたちが傷つき、そして泣いている。戦争に負け、逃げ惑った当...