「原爆の日」特集

平和の手段 問う夏 広島、あす原爆の日

2014ヒロシマ2014/8/5 10:30
69年前の惨劇を無言で伝える原爆ドーム。核兵器がこの世からなくなる日を待ちわびている=4日午後7時35分(撮影・天畠智則)

69年前の惨劇を無言で伝える原爆ドーム。核兵器がこの世からなくなる日を待ちわびている=4日午後7時35分(撮影・天畠智則)

 慈しんでくれた父母も、一生懸命育てた息子や娘もあの瞬間まで確かに生きていた。生き抜いた被爆者は今も心身の傷に苦しむ。69年前、一発の原爆に奪われた一人一人の人生を思う時、誰もが核兵器の存在と、戦争に「ノー」を突き付けずにはいられないだろう。政府が今夏、集団的自衛権の行使容認に転じた。米国の差し出す「核の傘」とともに、武力を背景に国の安全を守る構えを強めようとする中、広島は6日、原爆の日を迎える。

 母親のおなかの中で原爆に遭った胎内被爆者たちが5日、広島市中区で全国組織をつくる。被爆後の歳月とほぼ同じだけよわいを重ねる「最も若い被爆者」。記憶はなくても、母とともに歩んだ戦後の苦楽を語り、平和の大切さを訴えようとしている。

 被爆者健康手帳を持つ被爆者は3月末時点で19万2719人。1957年度に手帳交付が始まって以来、初めて20万人を割り込んだ。平均年齢は79・44歳。「原爆」を肌身で知る人がいない時代は、いや応なしにやってくる。被爆者の遺品、被爆建物…。由来をたどれば、きのこ雲の下の惨禍が見えてくる。記憶を継承する手だてを、私たちは一つでも多く見つけ、次代に伝えなければならない。

 老いを深める被爆者が願ってやまない「核兵器のない世界」への道筋はまだ見えない。非核兵器保有国の政府や非政府組織(NGO)が、核兵器の非人道性に焦点を当てて廃絶を急ごうとしている。

 非人道性と不使用を訴える国際的な共同声明に日本は昨年10月、4回目で初めて署名した。賛同を求める被爆者や市民の声が少なからず圧力になったともとれるが、そこに「非合法化」の文言はない。

 そして政府が「核の傘」に頼る安全保障政策を変えたわけではない。4月に広島市であった、日本を含む12カ国でつくる「軍縮・不拡散イニシアチブ(NPDI)」の外相会合でも核兵器の非合法化の議論は敬遠された。政府は7月、集団的自衛権の行使容認を閣議決定した。

 「抑止力」を成り立たせるには、ひとたび有事には相手国に仕返しをする必要がある。脅しが脅しでなくなる日が訪れ、核兵器が使われる可能性も―。被爆者をはじめ、戦争体験者の懸念はぬぐえない。松井一実市長は6日の平和記念式典で読み上げる平和宣言で、各国に対し、信頼と対話に基づく安全保障政策への転換を迫る。

 戦後69年間、日本は国として核兵器を持たず、戦争をしてこなかった。間違っていない。まだ間に合う。平和憲法の下、被爆者とともに、平和を希求する決意を新たにしたい。(岡田浩平)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

2014ヒロシマの最新記事
一覧

  • 【2014平和のかたち〜ヒロシマから】漫画家・西島大介さん (8/15)

    価値観の違い 考えたい 「平和のために、これをしなきゃ駄目」と強制されない状態が平和なのではないか。平和を求めるデモに参加するのも、家族の平和を優先するのも、同じくらい大事。「絶対的な平和」というのは...

  • 核兵器禁止・脱原発を 原水協・禁、長崎で世界大会閉幕 (8/10)

     日本原水協などと原水禁国民会議などが主催する二つの原水爆禁止世界大会は9日、それぞれ長崎市で閉幕となる集会を開き、全日程を終えた。 原水協は、締めくくりのナガサキデー集会を開き、約2千人(主催者発表...

  • 両者の路線の違い鮮明に 来年見据え、歩み寄りを (8/10)

     来年迎える被爆70年と核拡散防止条約(NPT)再検討会議。今夏の日本原水協などと、原水禁国民会議などの二つの原水爆禁止世界大会は、1年後に迫る節目と正念場を見据え、核兵器をなくすための具体的な議論に...

  • 「核廃絶を」 広島でも黙とう (8/10)

     長崎原爆の日の9日、広島市と広島平和文化センターは「長崎原爆犠牲者慰霊の会」を中区の原爆資料館東館で開いた。被爆者や市民たち約50人が参加。亡くなった人たちを悼み、ヒロシマ、ナガサキ両被爆地で手を携...

  • 【2014平和のかたち〜ヒロシマから】中国残留孤児・中村美智子さん (8/10)

    ガザの子ども 姿重なる テレビでイスラエルと、パレスチナ自治区ガザの紛争のニュースを見ると、胸が痛む。 破壊される街。飛び交う銃弾。多くの子どもたちが傷つき、そして泣いている。戦争に負け、逃げ惑った当...