「原爆の日」特集

爆心地から3・4キロ 被爆ポンプ、府中で活躍

2014ヒロシマ2014/8/6 0:00
「被爆ポンプ」で水をくみ上げる佐野さん

「被爆ポンプ」で水をくみ上げる佐野さん

 69年前の広島への原爆投下時に爆心地から約3・4キロの民家の玄関先にあった「被爆ポンプ」が、府中市中須町の会社社長佐野資起(もとおき)さん(69)方で使われている。佐野さんは「府中の人が原爆について思うきっかけになれば」と話す。

 ▽2年かけ修理、歴史物語る

 ポンプは取っ手を上下させて水をくみ上げる。金属製の本体は高さ65センチ、幅20センチ、奥行き45センチ。「TAIYO PUMP 大洋」の刻印がある。佐野さんの近所の小坂家久夫さん(73)の妻の実家で戦前から使われていた。

 小坂家さんの妻の実家は広島市西区高須にあった。原爆で大きな被害は受けず、ポンプも無事だった。約20年前に同市安佐南区に移って以降、ポンプは庭の片隅に放置されていたという。

 朽ちる寸前だったポンプが再び、府中市で活用されるようになったのは3年前、佐野さんが、野菜を栽培する畑の水やりについて小坂家さんに相談したのがきっかけ。小坂家さんが妻の実家のポンプを思い出し、「よみがえらせたい」と修理を始めた。機械メーカーでの勤務経験も生かし、分解してさびを取るなどして2年がかりで使えるようにした。

 佐野さんは毎日2回、ポンプでくみ上げた水を自宅近くの畑にまいている。「時々、被爆し、水を求めて亡くなった人のことを思う。歴史を伝えるポンプであり、大事に使いたい」と話す。(筒井晴信)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

2014ヒロシマの最新記事
一覧

  • 【2014平和のかたち〜ヒロシマから】漫画家・西島大介さん (8/15)

    価値観の違い 考えたい 「平和のために、これをしなきゃ駄目」と強制されない状態が平和なのではないか。平和を求めるデモに参加するのも、家族の平和を優先するのも、同じくらい大事。「絶対的な平和」というのは...

  • 核兵器禁止・脱原発を 原水協・禁、長崎で世界大会閉幕 (8/10)

     日本原水協などと原水禁国民会議などが主催する二つの原水爆禁止世界大会は9日、それぞれ長崎市で閉幕となる集会を開き、全日程を終えた。 原水協は、締めくくりのナガサキデー集会を開き、約2千人(主催者発表...

  • 両者の路線の違い鮮明に 来年見据え、歩み寄りを (8/10)

     来年迎える被爆70年と核拡散防止条約(NPT)再検討会議。今夏の日本原水協などと、原水禁国民会議などの二つの原水爆禁止世界大会は、1年後に迫る節目と正念場を見据え、核兵器をなくすための具体的な議論に...

  • 「核廃絶を」 広島でも黙とう (8/10)

     長崎原爆の日の9日、広島市と広島平和文化センターは「長崎原爆犠牲者慰霊の会」を中区の原爆資料館東館で開いた。被爆者や市民たち約50人が参加。亡くなった人たちを悼み、ヒロシマ、ナガサキ両被爆地で手を携...

  • 【2014平和のかたち〜ヒロシマから】中国残留孤児・中村美智子さん (8/10)

    ガザの子ども 姿重なる テレビでイスラエルと、パレスチナ自治区ガザの紛争のニュースを見ると、胸が痛む。 破壊される街。飛び交う銃弾。多くの子どもたちが傷つき、そして泣いている。戦争に負け、逃げ惑った当...