コラム・連載・特集

福山中心部・ローズアリーナのプールなぜ頻繁に閉鎖 五輪合宿やレース優先【こちら編集局です】

2021/7/31 21:17
福山通運ローズアリーナの50メートルプール

福山通運ローズアリーナの50メートルプール

 猛暑が続き、気軽に漬かりたくなるプール。福山市中心部では老朽化した施設が廃止され、家族連れで利用できるような大型プールは貴重な存在になっている。その一つ、屋内50メートルを備える市所有の福山通運ローズアリーナ(緑町)について「頻繁に閉鎖されていて使えない。お粗末ではないか」との声が読者から届いた。何が起きているのか。市中心部のプール事情を探った。

 ローズアリーナでは例年、夏期限定で50メートルプールを競技大会やレジャー向けに開場している。市の指定管理者として運営する市スポーツ協会によると、ことしは東京五輪の事前合宿で海外選手団の受け入れの調整が長引くなどし、オープンしたのは例年より約2週間遅い6月25日だった。

 にもかかわらず、直後の週末の同26、27日は大会の予定があり一般の利用はできなかった。7月6〜18日は五輪選手団の練習会場となり、次の週末の同24、25日も大会があり一般の利用が制限された。

 週末が一部を除き利用できない状況に、市内の30代の会社員は「猛暑なので安全のためにも屋内プールを使いたいのに」と残念がる。これに対し、市スポ協の後藤秀晃総務企画課長は新型コロナウイルスの感染が始まった昨年とは様変わりし今年は大会が多く計画されている状況や、公式レースができる施設が市内で他にない事情を挙げ「競技力を高める役割もある」と理解を求める。

 市民がいらだちを募らせる背景には、市中心部の屋外のレジャープールが減ったこともあるようだ。家族連れにも親しまれた竹ケ端運動公園水泳場(水呑町)がおととし夏、丸之内公園水泳場(丸之内)が昨夏を最後に廃止され、残るのは福山メモリアルパーク(東深津町)だけとなった。

 そのメモリアルパークも新型コロナの影響で、入場制限せざるを得ない状況だ。入場者は通常の半分程度の200人程度にとどめている。週末はそれを超す人が押し寄せ、「なぜ入れないのか」との苦情も飛ぶ。順番待ちを諦めてローズアリーナに向かったのに、大会などでこちらも利用できない状況が生まれているという。

 老朽化した屋外プールの廃止は市の再編計画の一環。市はローズアリーナに廃止した2施設の機能を集約し、改修や管理のコストを抑えるとともに全国大会の誘致も目指す。ローズアリーナの敷地内に2024年度、新たに25メートルの通年プールを整備する計画で、現在は機能集約などに向けた過渡期でもある。

 市スポ協は「ローズアリーナの空き状況などを引き続きホームページなどで周知しつつ、中心部以外の施設を利用してもらう手だても考えたい」と強調。市スポーツ振興課は「通年プールができれば一定の受け皿になる」とし、コロナの収束にも期待をつなぐ。

 五輪の事前合宿、コロナ禍、近年続いた施設廃止が重なって、市中心部のプールを一般利用しにくい状況が起きていた。プールが例年最もにぎわうお盆が近づく。涼を求める市民のニーズをどう受け止めるか。市側の工夫も求められている。(門戸隆彦) 

ワクチンのファイザー製とモデルナ製どう違う

コロナワクチン、注射の痛みは? 接種済みの医療従事者に聞いた

ワクチン「接種しない自由がある」

この記事の写真

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 「こちら編集局です あなたの声から」では、みなさんが日ごろ「なぜ?」「おかしい」と感じている疑問やお困りごとなどを募っています。その「声」を糸口に、記者が取材し、記事を通じて実態や話題に迫ります。以下のいずれかの方法で、ご要望や情報をお寄せください。

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞社
    「こちら編集局です」係

    ファクス

    中国新聞編集局
    「こちら編集局です」係
    082-236-2321
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

こちら編集局です あなたの声からの最新記事
一覧

 あなたにおすすめの記事

パートナー社

  • 中国新聞「こちら編集局です あなたの声から」は、双方向型の調査報道に取り組む全国のパートナー社と連携協定を結んでいます。記事をお互いの紙面やウェブサイトに掲載したり、情報の取り扱いを十分に注意した上で取材・調査テーマを共有したりします。地域に根を張るローカルメディアがつながり、より深く真相に迫っていきます。

北海道新聞 東奥日報 岩手日報 河北新報 新潟日報 東京新聞 信濃毎日新聞 中日新聞東海本社 岐阜新聞 京都新聞 神戸新聞 まいどなニュース 徳島新聞 西日本新聞 琉球新報