コラム・連載・特集

いら立つ地方

2021/8/3 6:35

 受話器の向こうで札幌市の知人が声を張り上げた。「沿道観戦の自粛と言うけど、どだい無理な話でしょ」。北の大地で今週、東京五輪の競歩やマラソンが始まる。コース周辺を丸ごと封鎖しない限り、市内外の観客で「密」が生まれそうという▲南のリゾート島も、危機感をあらわにする。「セルフロックダウンのつもりで行動の抑制を」。沖縄県の玉城デニー知事は、医師会や経済界代表と緊急メッセージを発し、向こう2週間の外出自粛を県民に呼び掛けた▲新型コロナ第5波が列島の隅々へ広がり始めている。それでも政府は都道府県境をまたぐ移動について「極力控えるように」。煮え切らぬ物言いに全国知事会がとうとう業を煮やし、都市のロックダウンを検討するよう国に求める事態に▲北海道や沖縄に限らず、地方はどこも観光収入で潤ってきた。お盆に帰ってくる子や孫の笑顔を楽しみにしてきた。なのに「旅行や帰省の中止を」と口にせざるを得ない。そんな痛みを政府は分かっているのだろうか▲緊張感の乏しいまま、緊急事態宣言のエリアと期間は拡大した。五輪は開いておいて、同時に人の流れを抑える「どだい無理な話」が、まだしばらく続く。 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

天風録の最新記事
一覧


 あなたにおすすめの記事