「原爆の日」特集

【天風録】「人間の弱さ」知る

2021ヒロシマ2021/8/10 6:47

 苦しむ人を前に、手を差し伸べることなく見捨てた自分…。罪の意識を背負いながら、「人間の弱さ」と向き合い続けてきた一人の長崎原爆の証言者が今年4月、93歳で息を引き取った。カトリック修道士の小崎登明(おざき・とうめい)さんだ▲17歳のときに爆心地から2キロの兵器工場で被爆し、唯一の家族だった母を失った。アウシュビッツ強制収容所での犠牲で知られる、長崎ゆかりのコルベ神父を慕い、足跡などを掘り起こした。一方で、亡くなる直前まで自らの被爆体験を語り続けた▲伝えようとしたのは、あの日の凄惨(せいさん)な出来事だけではない。被爆直後、自分に暴力を振るった工場の先輩が大けがで苦しむ姿に「ざまあみろ」とののしり、見捨てて逃げた「心の痛み」も包み隠さず話した▲きのう長崎市長は平和宣言で小崎さんの手記を引いた。〈核兵器は普通のバクダンではない〉〈二度と繰り返させないためには「ダメだ、ダメだ」と言い続ける。核廃絶を叫び続ける〉▲小崎さんにとって原爆の恐怖は極限下であらわになった人間の弱さだったと振り返る。威力だけでなく、人の心をも壊してしまう。それこそが核兵器の非人道性だろう。完全に廃絶しなければ、平和は来ない。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

2021ヒロシマの最新記事
一覧