コラム・連載・特集

【STUのStep SDGs】第6歩 海の豊かさ 宮島水族館の生き物たち【動画】

2021/8/17

今村美月さん(右)と工藤理子さん 今村美月さん(右)と工藤理子さん

第6歩 海の豊かさ 宮島水族館の生き物たち

海の豊かさを生き物が教えてくれます。瀬戸内海の代表は、体長が2メートルに満たない小さなクジラのスナメリ。食物連鎖の頂点にいるからです。いわば、生態系が守られているかどうかを知る「環境のバロメーター」。瀬戸内を拠点とするアイドルグループ「STU48」のメンバーとSDGs(持続可能な開発目標)達成の鍵を探る企画の6回目は、キャプテン今村美月さん(21)=広島県出身=と工藤理子さん(19)=山口県出身=の2人が参加。スナメリを飼育している廿日市市の宮島水族館を訪ね、環境と生き物の関わりを考えました。

スナメリ水槽の前で赤木さん(右)の説明を聞く今村さん(左)と工藤さん スナメリ水槽の前で赤木さん(右)の説明を聞く今村さん(左)と工藤さん

スナメリは瀬戸内最強 環境のバロメーター

早速、スナメリの水槽前にやって来た2人。学芸員の赤木太さん(51)からスナメリの特徴や生態を教わりました。

赤木さん スナメリは身近な生き物です。宮島のフェリーから見えることもあります。ですが、いっとき生息数が減ってしまいました。
(ここまで 496文字/記事全文 3066文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

STUのStep SDGsの最新記事
一覧