「原爆の日」特集

戦争の悲劇を朗読で伝承 三次市三良坂のグループ、児童に絵本紹介

2021ヒロシマ2021/8/19 13:58
「かわいそうなぞう」を児童に読み聞かせる松島代表

「かわいそうなぞう」を児童に読み聞かせる松島代表

 三次市三良坂町の朗読グループ「すばるの会」は、同町三良坂のみらさか小を毎年8月の登校日に訪ね、戦争や原爆に関連する絵本を児童に読み聞かせている。

 1〜6年生にそれぞれ1、2冊の絵本を紹介する。ことしは広島原爆の日の6日、メンバー6人が各学年の教室を訪問。原爆資料館(広島市中区)が所蔵する資料に関する逸話を題材にした「伸ちゃんのさんりんしゃ」「まっ黒なおべんとう」などの絵本を情感たっぷりに読んだ。

 同会は2003年、朝の読書活動の一環で児童への読み聞かせを始め、16年から8月の学校訪問を続ける。戦時中に毒殺された上野動物園(東京)のゾウの物語「かわいそうなぞう」を朗読した松島和枝代表(58)=三良坂=は「毎年続けることで、子どもの感受性の豊かさと成長に気付かされる。平和を大切にする心を育ててほしい」と話していた。(石川昌義)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

2021ヒロシマの最新記事
一覧