「原爆の日」特集

「黒い雨」調査結果提出 広島・安佐南、市に拡大要請

2014ヒロシマ2014/8/9 0:01
市側(手前右)に、援護対象区域の拡大を訴える吉田会長(左から3人目)たち

市側(手前右)に、援護対象区域の拡大を訴える吉田会長(左から3人目)たち

 原爆投下後に降った「黒い雨」を今の広島市安佐南区で浴びた住民たちでつくる「上安・相田地区黒い雨の会」が8日、会員の健康状態の悪化を示す独自の健康調査の結果を市へ提出した。来年の被爆70年までに同地区を国の援護対象区域に加えるよう、政府への強い働き掛けを求めた。

 吉田良文会長(76)たち9人が市役所を訪問。回答した95人のうち88・4%が何らかの病気で治療を受けているとの6月の調査結果を基に、吉田会長は「がんを患う会員が多いのは明らかだ。高齢化も進んでおり、被爆70年までに解決してほしい」と訴えた。

 同じ旧安村で、隣り合う高取・長楽寺地区は、被爆者健康手帳の取得につながる「第1種健康診断特例区域」に指定されており、他の会員たちは「同じ雨に遭って援護に差があるのはおかしい」と強調した。

 対応した原爆被害対策部の杉浦信人調査課長は「思いを受け止めた。調査結果は国に伝える」と述べた。(田中美千子)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

2014ヒロシマの最新記事
一覧

  • 【2014平和のかたち〜ヒロシマから】漫画家・西島大介さん (8/15)

    価値観の違い 考えたい 「平和のために、これをしなきゃ駄目」と強制されない状態が平和なのではないか。平和を求めるデモに参加するのも、家族の平和を優先するのも、同じくらい大事。「絶対的な平和」というのは...

  • 核兵器禁止・脱原発を 原水協・禁、長崎で世界大会閉幕 (8/10)

     日本原水協などと原水禁国民会議などが主催する二つの原水爆禁止世界大会は9日、それぞれ長崎市で閉幕となる集会を開き、全日程を終えた。 原水協は、締めくくりのナガサキデー集会を開き、約2千人(主催者発表...

  • 両者の路線の違い鮮明に 来年見据え、歩み寄りを (8/10)

     来年迎える被爆70年と核拡散防止条約(NPT)再検討会議。今夏の日本原水協などと、原水禁国民会議などの二つの原水爆禁止世界大会は、1年後に迫る節目と正念場を見据え、核兵器をなくすための具体的な議論に...

  • 「核廃絶を」 広島でも黙とう (8/10)

     長崎原爆の日の9日、広島市と広島平和文化センターは「長崎原爆犠牲者慰霊の会」を中区の原爆資料館東館で開いた。被爆者や市民たち約50人が参加。亡くなった人たちを悼み、ヒロシマ、ナガサキ両被爆地で手を携...

  • 【2014平和のかたち〜ヒロシマから】中国残留孤児・中村美智子さん (8/10)

    ガザの子ども 姿重なる テレビでイスラエルと、パレスチナ自治区ガザの紛争のニュースを見ると、胸が痛む。 破壊される街。飛び交う銃弾。多くの子どもたちが傷つき、そして泣いている。戦争に負け、逃げ惑った当...