「原爆の日」特集

両者の路線の違い鮮明に 来年見据え、歩み寄りを

2014ヒロシマ2014/8/10 0:03

 来年迎える被爆70年と核拡散防止条約(NPT)再検討会議。今夏の日本原水協などと、原水禁国民会議などの二つの原水爆禁止世界大会は、1年後に迫る節目と正念場を見据え、核兵器をなくすための具体的な議論に熱が入った。ただ、それぞれが焦点にしたのは「核兵器禁止条約」と「脱原発」。両者の路線の違いは、一層鮮明になった。

 原水協などの世界大会は、5年に1度のNPT再検討会議に届ける核兵器禁止条約の交渉開始を求める署名集めと連動。フォーラムや分科会でも条約に関する討議を前面に押し出し、18カ国の海外代表も交えて活発に話し合った。3年前から集める署名が約410万人分に達したこともアピールした。

 原水禁などは、2011年の福島第1原発事故を機に一段と力を入れる「脱原発」の主張を深化させた。日本の国策である核燃料サイクルによるプルトニウムの大量保有が周辺国への脅威や核拡散の懸念につながっていると指摘。唯一の戦争被爆国の覚悟を国際会議や分科会で問うた。

 いずれも核兵器のない世界に近づけるために欠かせない論点だろう。であれば、補完し合い、相乗効果を生み出す可能性を模索すべきなのに、両者は互いにそっぽを向き、意思疎通を図ろうとはしない。

 1954年のビキニ水爆実験を機にした原水爆禁止の署名運動を引き継ぎ、翌55年に始まった世界大会は、ことし60回目の記念的な大会だった。源流をくむ原水協は歴史に一切触れようとしなかった。10年後に分裂した原水禁は、来年を結成50年として盛り上げようとしている。

 双方の幹部は「道のりは違っても、向かう場所は同じ」と口をそろえる。しかし、核兵器のない世界という遠い頂を目指すとき、エネルギーが分散したままで強い潮流となれるだろうか。節目であり、正念場である来年を見据え、少しずつでも歩み寄りの糸口を見いだす努力を始めるべきではないか。よわいを重ねる被爆者の希望の光であってほしい。(藤村潤平)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

2014ヒロシマの最新記事
一覧

  • 【2014平和のかたち〜ヒロシマから】漫画家・西島大介さん (8/15)

    価値観の違い 考えたい 「平和のために、これをしなきゃ駄目」と強制されない状態が平和なのではないか。平和を求めるデモに参加するのも、家族の平和を優先するのも、同じくらい大事。「絶対的な平和」というのは...

  • 核兵器禁止・脱原発を 原水協・禁、長崎で世界大会閉幕 (8/10)

     日本原水協などと原水禁国民会議などが主催する二つの原水爆禁止世界大会は9日、それぞれ長崎市で閉幕となる集会を開き、全日程を終えた。 原水協は、締めくくりのナガサキデー集会を開き、約2千人(主催者発表...

  • 両者の路線の違い鮮明に 来年見据え、歩み寄りを (8/10)

     来年迎える被爆70年と核拡散防止条約(NPT)再検討会議。今夏の日本原水協などと、原水禁国民会議などの二つの原水爆禁止世界大会は、1年後に迫る節目と正念場を見据え、核兵器をなくすための具体的な議論に...

  • 「核廃絶を」 広島でも黙とう (8/10)

     長崎原爆の日の9日、広島市と広島平和文化センターは「長崎原爆犠牲者慰霊の会」を中区の原爆資料館東館で開いた。被爆者や市民たち約50人が参加。亡くなった人たちを悼み、ヒロシマ、ナガサキ両被爆地で手を携...

  • 【2014平和のかたち〜ヒロシマから】中国残留孤児・中村美智子さん (8/10)

    ガザの子ども 姿重なる テレビでイスラエルと、パレスチナ自治区ガザの紛争のニュースを見ると、胸が痛む。 破壊される街。飛び交う銃弾。多くの子どもたちが傷つき、そして泣いている。戦争に負け、逃げ惑った当...