コラム・連載・特集

【STUのStep SDGs】第7歩 食と農の循環 鶏の世話に挑戦

2021/9/14

鶏を抱っこする峯吉さん(中)と鈴木さん(右)、岩崎さん 鶏を抱っこする峯吉さん(中)と鈴木さん(右)、岩崎さん

第7歩 食と農の循環 鶏の世話に挑戦

廃棄されるような穀物や野菜を餌に使い、ふんを肥料として田畑に返す循環型の養鶏に取り組む人がいます。地域内で調達するため、燃料など輸送に伴う環境負荷も少なく済みます。STU48のメンバーとSDGs(持続可能な開発目標)達成の鍵を探る企画の7回目は、峯吉愛梨沙さん(17)=広島県出身=と鈴木彩夏さん(21)=同=が、ふぁーむbuffo(広島県北広島町)を訪ね、食の循環を体感しました。

人が食べないものを家畜に、無駄なく活用

旧大朝町で8棟の鶏舎を構え、食肉用と採卵用の鶏を飼う「buffo」。経営者の岩崎奈穂さん(45)と一緒に、まずは餌作りに挑戦しました。靴を消毒し、敷地内に入ります。

峯吉さんこの小屋は何をする所ですか。
(ここまで 394文字/記事全文 2777文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

STUのStep SDGsの最新記事
一覧