コラム・連載・特集

鉄村忠基(てつむら・ただたか) 地域と人の繋がり

2021/9/16 8:37
鉄村忠基さん(広島市公衆衛生推進協議会会長)

鉄村忠基さん(広島市公衆衛生推進協議会会長)

 日常親しく交際する近隣「向こう三軒両隣」も希薄になりつつあるこの頃、いままさに人との繋(つな)がりが問われる時代になっている。町内会長を経て現在、学区町内会連合会の会長をしている。推挙され20年余り、学区自主防災連合会の会長も務め、平成15(2003)年8月には、佐伯区役所、消防署、消防団のご協力により佐伯区総合防災訓練を五日市中央小で実施した。この経験が今も役立っている。
(ここまで 189文字/記事全文 839文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

想の最新記事
一覧

  • 水上博司(みずかみ・ひろし) ホタル慰問の記憶 (10/24)

     広島の地を離れて30年、そんな長い時間を一気に巻き戻してくれるような出来事があった。 とある大学キャンパスから最寄り駅までの移動中のバスの車内。それは隣に座った先輩研究者からの何の前触れもない唐突な...

  • 坂根俊英(さかね・としひで) 「ペスト」を読む (10/22)

     カミュの小説「ペスト」は、1947年に出版されたが、今読んでも切実なリアリティーをもって、迫ってくる。そこには人間や社会に対する優れた洞察力が見られ、いろいろと考えさせられる倫理的な問題が含まれてい...

  • 清金誠司(きよかね・せいじ) 決める (10/21)

     セイコー自動車は、昨年8月に事故車の修理から、ロードスターのレストア(復元)事業に舵(かじ)を切りました。ほとんどの人が「絶対無理。やめておけ」と言う中での決断でした。ただ創業者の父は遠くを見つめ、...

  • 笠岡真祐(かさおか・しんすけ) ぎっくり腰の効能 (10/20)

     年に1度は必ずぎっくり腰になる。25年ほど続くが、痛みには全く慣れないし、年々痛みは増す。9月、今年2度目のぎっくり腰をやった。整体の先生に「運動やストレッチを」と言われ、フィットネスソフトで運動不...

  • 安原稔(やすはら・みのる) 一隅を照らす (10/15)

     新型コロナウイルスの感染が広がりつつあった2020年の春先、私はこのウイルスが収束するには相当な期間が必要と感じました。と同時に、地域経済に相当のダメージを与えると危惧しました。マスクやソーシャルデ...