コラム・連載・特集

決別 金権政治

1億5000万円、本気度注目 地元関係者「首相が指導力発揮を」【決別 金権政治】

2021/10/4 22:55

 4日に就任した岸田文雄首相には、安倍、菅両政権が積み残した「政治とカネ」の問題への対応も課せられる。大規模買収事件が起きた2019年の参院選広島選挙区に投じられた1億5千万円などの問題に切り込み、国民の不信を拭えるか。地元の関係者は、「党改革」を掲げる新首相の本気度に注目している。

 自民党本部は参院選前、元法相河井克行被告(58)=実刑判決を受けて控訴中=と妻案里元参院議員(48)=有罪確定=の党支部に、税金で賄う政党交付金を含む1億5千万円を提供した。河井夫妻による買収の原資になったとの疑念が消えない中、党本部は総裁選中の9月22日、河井夫妻側の報告を基に「買収資金に使われていない」と突如発表。具体的な支出の決定経緯や買収の原資は不明なままだが、岸田首相が党幹事長に起用した甘利明氏は、党による再調査を否定した。

 ▽県議会議長「広島の気持ちも理解して」
(ここまで 382文字/記事全文 905文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

決別 金権政治の最新記事
一覧

  •  2019年夏の参院選で河井克行、案里夫妻が100人に計2901万円を配ったとされる買収事件では、選挙に絡んだお金のやり取りが浮き彫りとなりました。令和の時代も変わらない「金権選挙」。皆さんの地域でも耳にしたこと、目にしたことはありませんか。体験、情報、意見をぜひお寄せください。(中国新聞「決別 金権政治」取材班)

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください

    専用フォーム

    こちらから投稿ください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞編集局
    「決別 金権政治」取材班

    ファクス

    中国新聞編集局
    「決別 金権政治」取材班
    082-236-2321

 あなたにおすすめの記事