コラム・連載・特集

決別 金権政治

「自民党として謝罪を」1億5000万円 首相に広島県議会議長

2021/10/6 8:45
1億5千万円の資金提供について自民党が国民に謝罪するよう主張した中本氏(撮影・浜岡学)

1億5千万円の資金提供について自民党が国民に謝罪するよう主張した中本氏(撮影・浜岡学)

 自民党広島県連の会長代理を務める中本隆志県議会議長は5日、岸田文雄首相(広島1区)を官邸に訪ね、2019年参院選広島選挙区の大規模買収事件で有罪が確定し当選無効となった河井案里元参院議員の陣営に党本部が1億5千万円を提供したことを、党として国民に謝罪するよう求めた。党総裁の岸田氏は「十分確認した上で、必要であればしっかり説明する」と述べるにとどめた。

【年表】岸田文雄衆議院議員のあゆみ

 首相就任の激励で面会した後、中本氏が明らかにした。1億5千万円は同選挙区で落選したベテラン議員ら多くの自民党候補の10倍に上り、「不公平だったと素直に認めるべきだ」と指摘。「自民党として国民に謝罪し、二度と起きないよう(資金提供の)ルールを決めて適切に運用することが必要だ」と述べた。
(ここまで 335文字/記事全文 514文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

決別 金権政治の最新記事
一覧

  •  2019年夏の参院選で河井克行、案里夫妻が100人に計2901万円を配ったとされる買収事件では、選挙に絡んだお金のやり取りが浮き彫りとなりました。令和の時代も変わらない「金権選挙」。皆さんの地域でも耳にしたこと、目にしたことはありませんか。体験、情報、意見をぜひお寄せください。(中国新聞「決別 金権政治」取材班)

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください

    専用フォーム

    こちらから投稿ください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞編集局
    「決別 金権政治」取材班

    ファクス

    中国新聞編集局
    「決別 金権政治」取材班
    082-236-2321

 あなたにおすすめの記事