2021衆院選特集

注目度高まる「政治とカネ」震源地の衆院広島3区

広島2021/10/7 23:23
国土交通相に起用され、首相官邸に入る斉藤氏(4日)=左と事務所の前で通勤者にあいさつするライアン氏(7日)=右

国土交通相に起用され、首相官邸に入る斉藤氏(4日)=左と事務所の前で通勤者にあいさつするライアン氏(7日)=右

 19日公示、31日投開票が見込まれる衆院選で、「政治とカネ」の問題の震源地である広島3区の注目度がさらに高まった。与党代表として立つ公明党比例代表中国ブロック現職の斉藤鉄夫氏(69)が国土交通相に就き、岸田文雄首相の地元の広島県で現職閣僚として選挙戦に臨むためだ。対する立憲民主党新人のライアン真由美氏(57)は「クリーンな政治」を旗印に掲げ、斉藤氏の入閣を「選挙対策」と主張している。
(ここまで 194文字/記事全文 1544文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島の最新記事
一覧