2021衆院選特集

影響力残す「亀井票」2陣営注視 衆院広島6区

広島2021/10/11 22:57
尾道市での集会で支援者に囲まれる亀井氏=中央(10日)

尾道市での集会で支援者に囲まれる亀井氏=中央(10日)

 19日公示、31日投開票が見込まれる衆院選で、広島6区は2017年に引退した元金融担当相の亀井静香氏(84)が影響力を残す「亀井票」の行方がなお注目される。亀井氏は10日、約半年ぶりに地元入り。立憲民主党現職の佐藤公治氏(62)の集会に出席し、前回選に続く支援の姿勢を印象づけた。一方、小選挙区での初勝利を目指す自民党比例代表中国ブロック現職の小島敏文氏(71)は、近著で亀井氏からエールを受けたエピソードを披露。保守層も多い元支持者の取り込みを図ろうとしている。

【関連】亀井氏 破壊学生と呼ばれて 再出発へ兄を頼り上京

【関連】岸田首相 愛称は「キッシー」 指折りの酒豪、ダンベルで日々鍛錬

 衆院議員を13期務めた亀井氏は、17年の前回衆院選の直前に引退を表明。同選では、協力関係にあった元参院議員の佐藤氏を支援し、中国地方5県の全20小選挙区で唯一の非自民の議席獲得を後押しした。現在は、東京を拠点に太陽光やバイオマス発電の事業に携わる。6区で公の場に姿を現すのは今年3月の母校の小学校の閉校式以来で、4月の庄原市長選でも表立った動きは見せなかった。

 ▽地盤継承を強調
(ここまで 486文字/記事全文 1341文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 佐藤公治氏(左)と小島敏文氏
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島の最新記事
一覧

  • 投票所入場券の配達遅れ相次ぐ 広島県内、券なしでも「期日前」可能 (10/20)

     31日投開票の衆院選で、広島県内の14市のうち10市が、公示日の19日までに投票所の入場券や案内はがきの配達が完了しない事態になっている。首相の解散表明から公示まで約2週間しかなかったためで、最も遅...

  • 岸田首相、河井夫妻買収事件「心からおわび」 衆院選広島3区で陳謝 (10/20)

     岸田文雄首相は20日、2019年7月の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件で自民党を離党した元法相河井克行被告(公選法違反罪で一審実刑)の地盤だった衆院広島3区で街頭演説し、「自民党の国会議員が『政...

  • 候補者相次ぎ慰霊碑を訪問 (10/20)

     衆院選が公示された19日、広島市内を選挙区に持つ立候補者が、平和記念公園(中区)の原爆慰霊碑を相次いで訪れた。

  • 20日から期日前投票 (10/20)

     衆院選の期日前投票が20日、広島県内で始まる。投票日前日の30日まで、全30市区町の選管が役場の本庁舎や支所、公民館などに計152カ所の投票所を設ける。

  • 広島県選管など談話 (10/20)

     衆院選の公示と最高裁裁判官の国民審査の告示に当たり、広島県選管と県明るい選挙推進協議会が、それぞれ談話を出した。