コラム・連載・特集

令和「初」の総選挙

2021/10/19 6:40

 元号が令和となって、はや900日が過ぎた。ここまでくれば「初の」を省いても違和感はなさそう。それでも、ここは活力ある時代の到来を願って強調したい。さあ、令和初の衆院選だ▲もしや後ろめたさを感じるのだろうか。多くの政党が進んで触れようとはしない「初」がある。今回は「政治分野の男女共同参画推進法」が施行されて初の総選挙だ。候補者数を男女均等にしようと促す内容だが、さて何人の女性が届け出るだろう▲中国5県の20小選挙区に立候補する58人のうち、女性は11人の見込み。全国でも女性比率は2割に届きそうにない。このままでは「2025年までに35%」という当面の政府目標達成は相当危うい▲世界の156カ国中で147位―。スイスのシンクタンクが発表する「ジェンダー・ギャップ指数」で日本の政治分野は最下位辺りに低迷する。女性議員の少なさが要因だが、そもそも1票を投じる候補がいなければ、有権者はいかんともしがたい▲政党が擁立する候補の半数以上は女性とする、女子学生向けに政治家養成の大学院を設ける…。現状を打破する大胆な公約を競ってもらいたい。「初の」男女共同参画総選挙とするために。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

天風録の最新記事
一覧


 あなたにおすすめの記事