2021衆院選特集

広島2区 立候補者の第一声(上から届け出順)

広島2021/10/19 23:07

 ■平口 洋氏(自民・前) ワクチン国内製造を

 2年前の参院選広島選挙区で自民党候補が大変な公選法違反事件を起こした。誠に申し訳ない。議員活動ができない議員への歳費支払い禁止、各陣営への政党交付金の不公平な配分の制限を必ずやり遂げる。

 新型コロナのワクチンや治療薬の国内製造を今後進める必要がある。打撃を受けた飲食など諸産業は、何年かかっても元通りにしなければならない。

 岸田首相の誕生で明かりが見えたが、自民党は逆風の中にある。団結し政策実現へまい進する。(広島市西区のJR西広島駅前で)

 ■大井 赤亥氏(立民・新) コロナ禍、事業者支援

 有権者に誠実に向き合わない、耳の痛い話に説明をしない安倍、菅政権の政治の継承か、刷新か。それが問われる選挙だ。公約や政策に安倍氏の影がまとわり付いている岸田首相に方向転換はできない。野党が強くなる以外に道はない。

 新型コロナで打撃を受けた事業者の支援を続ける。3回目のワクチン接種も必要ならスピードアップする。暮らしの再生へ消費税は5%にする。金融所得課税で財源を確保したい。政権を託してもらえるよう全力を尽くす。(広島市西区のJR横川駅前で)

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島の最新記事
一覧