2021衆院選特集

1億5000万円「誰に忖度か」 枝野氏、公示後初の広島入り

広島2021/10/22 11:44
スーパー前で立憲民主党新人(手前左)の応援演説をする枝野代表(同右)=広島市安佐北区(撮影・山田太一)

スーパー前で立憲民主党新人(手前左)の応援演説をする枝野代表(同右)=広島市安佐北区(撮影・山田太一)

 立憲民主党の枝野幸男代表は21日、衆院選の候補者の応援で公示後初めて広島県に入り、2019年の参院選広島選挙区を巡る大規模買収事件の震源地である広島3区で街頭演説した。1億5千万円が買収原資になっていないという自民党本部の説明ぶりを疑問視。岸田文雄首相を「誰に忖度(そんたく)しているのか」と挑発し、再調査の必要性を訴えた。
(ここまで 163文字/記事全文 654文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島の最新記事
一覧