コラム・連載・特集

供養塔遺骨、やっと帰宅 本紙取材で身元判明 85歳の孫、涙【ヒロシマの空白】<動画>

2021/10/24 23:32
修治さん(右端)からハルさんの遺骨が入った納骨袋を見せてもらい涙ぐむ武人さん=画像の一部を修整しています(撮影・山崎亮)

修治さん(右端)からハルさんの遺骨が入った納骨袋を見せてもらい涙ぐむ武人さん=画像の一部を修整しています(撮影・山崎亮)

 平和記念公園(広島市中区)の原爆供養塔に安置されている遺骨のうち1人について広島市は、身元を梶山ハルさんだと特定して24日、孫の武人さん(85)=佐伯区=たち遺族に返還した。「あの日」から76年を経て、原爆犠牲者の遺骨が肉親と「再会」した。

帰れぬ遺骨<1>「梶山ハル」さん 祈念館の遺影、糸口に

ヒロシマの空白
(ここまで 155文字/記事全文 1017文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

この記事の写真

  • 梶山ハルさん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

ヒロシマの空白の最新記事
一覧