2021衆院選特集

当選者ら支援に謝意 街頭や事務所 落選者も次へ一歩

広島2021/11/2 11:35

 衆院選の投開票から一夜明けた1日、広島県内の当選者や落選者はそれぞれ、支援者へのあいさつを始めた。選挙戦の疲れを残す中、幹線道路沿いで手を振ったり、支援組織を訪ねて謝意を伝えたり。超短期決戦を駆け抜けたばかりだが、次への一歩を踏み出した。
(ここまで 120文字/記事全文 818文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

この記事の写真

  • 事務所を訪れた人にあいさつする斉藤さん=中(広島市安佐北区)
  • 連合広島を訪れたライアンさん(左から3人目)たち立憲民主党の落選者(広島市南区)
  • 車に向かって手を振る佐藤さん(尾道市)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島の最新記事
一覧