2021衆院選特集

三次・庄原で縮む得票差 広島6区、佐藤氏勝利 善戦の小島陣営、首相が「追い風」

広島2021/11/2 11:32

 10月31日投開票の衆院選広島6区を制した立憲民主党前職の佐藤公治氏(62)と、4度目の比例復活となった自民党比例中国前職の小島敏文氏(71)との三次、庄原両市での票差は、前回選の8390票から3265票に縮まった。県北は、佐藤氏を全面支援した亀井静香元金融担当相の地盤。4年前に政界引退した亀井氏の影響力低下がささやかれる一方、小島陣営は岸田文雄首相とのつながりをアピールした「追い風」を善戦の要因に挙げる。
(ここまで 206文字/記事全文 990文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島の最新記事
一覧