2021衆院選特集

感染対策が影響、開票作業に遅れ 広島市内、前回より最大1時間13分

広島2021/11/2 11:28

 10月31日の衆院選小選挙区の開票作業で、広島市内の一部の区で開票を終える時間が2017年の前回と比べて最大1時間13分遅れた。新型コロナウイルスの感染防止で職員を減らしたことや、票の数え直しが影響したとしている。
(ここまで 108文字/記事全文 535文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

広島の最新記事
一覧