コラム・連載・特集

鈴木誠也メジャー挑戦、赤ヘルファンの受け止めは?【こちら編集局です】

2021/11/16 23:13
メジャー挑戦へ意気込みを語る鈴木外野手

メジャー挑戦へ意気込みを語る鈴木外野手

 広島東洋カープの鈴木誠也外野手(27)が16日、ついに米大リーグ挑戦を宣言した。誰もが認める球団の主力打者。赤ヘルファンはどう受け止めたのか。編集局がLINE(ライン)で問い掛けると、温かいエールが続々と寄せられた。

【関連】「黒田さんに見てみろと言われて…」鈴木一問一答

【関連】鈴木誠也メジャー挑戦 球団容認

【なぜメジャーへ】「黒田さんに教えられたトラウト選手。衝撃今も忘れられない」鈴木

 「応援します!」「広島魂を見せてきて」―。約6時間で応援メッセージを中心に約300件が届いた。

 広島市安佐南区の会社員平倉真生子さん(38)は「ついにこの時が来たんだと、うれしさと寂しさがある」と率直につづった。「絶対的な攻撃の柱。たくさん元気をもらった。海外でも活躍してほしい」。福山市の会社員三谷周司さん(39)も「活躍を思うとワクワクする。慣れない土地でも頑張ってほしい」と励ました。

 2016年、3試合連続の決勝本塁打を記録。チームの躍進を象徴する活躍ぶりは「神ってる」という流行語になった。チームのムードメーカーとしても愛された。西区の主婦佐々木恵美さん(53)は「いろんな変顔、面白いインタビューをありがとう」と感謝する。

 今季は首位打者、最高出塁率の2冠に輝いた。今後の戦力ダウンを案ずる声も多い。しかし安芸区の理容師桑本慎也さん(32)は「ピンチはチャンス」と受け止める。カープはメジャーに挑戦した元エース前田健太投手(33)を見送った後、16年からリーグ3連覇を果たした。「あの時のようにチームで一致団結し、来季も頑張って」と前を向く。

 「誰が次の4番を担うのか」と、若ゴイの活躍に期待する声も。福山市の会社員篠原俊樹さん(52)は「これだけ実績を残してもさらに高みにチャレンジする。その心意気を感じ、貪欲に努力して」。同市の会社員原田真二さん(51)も「泥くさく1点を取りにいく、カープらしい機動力野球を見直す機会に」と力を込める。

 エンゼルスの大谷翔平選手(27)との対戦を心待ちにするファンも目立った。そして、広島でもメジャーでも活躍した黒田博樹さんを念頭に先を見据える声も。庄原市の公務員小田基治さん(61)は「日本に帰る時はカープに復帰してほしい。選手、コーチ、監督、どんな形でも」と期待を込めた。(田中美千子、石井雄一)

  • 「こちら編集局です あなたの声から」では、みなさんが日ごろ「なぜ?」「おかしい」と感じている疑問やお困りごとなどを募っています。その「声」を糸口に、記者が取材し、記事を通じて実態や話題に迫ります。以下のいずれかの方法で、ご要望や情報をお寄せください。

  • LINE公式アカウント

    LINE友だち登録またはQRコードから友だちになってトークをしてください
  • 郵送

    〒730-8677
    広島市中区土橋町7-1
    中国新聞社
    「こちら編集局です」係

    ファクス

    中国新聞編集局
    「こちら編集局です」係
    082-236-2321
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

こちら編集局です あなたの声からの最新記事
一覧

 あなたにおすすめの記事

パートナー社

  • 中国新聞「こちら編集局です あなたの声から」は、双方向型の調査報道に取り組む全国のパートナー社と連携協定を結んでいます。記事をお互いの紙面やウェブサイトに掲載したり、情報の取り扱いを十分に注意した上で取材・調査テーマを共有したりします。地域に根を張るローカルメディアがつながり、より深く真相に迫っていきます。

北海道新聞 東奥日報 岩手日報 河北新報 新潟日報 東京新聞 信濃毎日新聞 中日新聞東海本社 岐阜新聞 京都新聞 神戸新聞 まいどなニュース 徳島新聞 西日本新聞 琉球新報