コラム・連載・特集

地球防衛探査機

2021/11/29 6:45

 英国で開かれた気候変動対策の国際会議「COP26」に合わせて公開され、話題を呼んだ動画がある。絶滅した恐竜が国連総会に突然現れ、温暖化対策を訴える―。「恐竜の場合は隕石(いんせき)が原因だが、人類の言い訳は何だ」「絶滅するな。言い訳をやめ、手遅れになる前に人類を救え」と▲コンピューターグラフィックスを使って制作された。日本語字幕版もあり、世界で100万回ほど再生されるなど反響も大きかった。気候危機を自分ごととして考えるきっかけになれば▲恐竜は6600万年前、直径10キロほどの小惑星が地上に衝突して絶滅したとされる。もし同じようなことが起きれば、人間を含む地球上の生き物は絶滅する恐れがある。潜在的に危険な小惑星は2千個ある。すぐにぶつかる危険はないが、備えは必要だ▲米航空宇宙局NASAなどが先日、ある探査機を打ち上げた。来年秋、地球から1千万キロ余り離れた小惑星に猛スピードで体当たりさせて軌道を変えられるか確かめる。まるでSF映画のような地球防衛の実験となる▲地球温暖化と同じく、天体衝突も人類が直面する危機と言える。恐竜は国連でこうも言った。変化を起こすために立ち上がれ―。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

天風録の最新記事
一覧


 あなたにおすすめの記事