コラム・連載・特集

リベンジならぬ、自縄自縛?

2021/11/30 6:44

 おとといの日曜、空の青さに誘われて広島市内の里山へ。あれ、コロナ前は難なく登った坂なのに息が切れるぞ。混み合う山頂を取って返すと今度は、岩場で体勢を崩して腰を痛めた。ああ、自粛明けのリベンジハイクのはずが、逆リベンジを食らった気分▲それにしても侮れないコロナウイルスよ。「オミクロン」と名付けられた新変異株が、世界を席巻する勢いを見せる。すぐさま日本政府も外国人の新規入国を禁ずる事態へと逆戻りした▲かつてない素早い対応は、オミクロン株は変異した箇所が多く、免疫をすり抜ける懸念があるため。すなわち1度感染したり、ワクチンを打ったりして獲得したはずの抗体が、さほど効かないかもしれない▲先進国と途上国との間の不公平なワクチン分配の結果だ―。この新変異株を確認した南アフリカのラマポーザ大統領が訴える。確かにウイルスは感染を繰り返しながら自らを変異させていく。その意味で今回の騒動は、人類の自縄自縛とも言えそう▲早々とマスクを外して肩で息する当方に対し、山道ですれ違ったほぼ全員がマスクを着けて「こんにちは」。その律義さと他者への思いやりこそ、変異させてはならないもの―。 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

天風録の最新記事
一覧


 あなたにおすすめの記事