文化・芸能

「幸運のつぼ」今井さん作 ペルー人質事件で唯一残った美術品

2019/9/24 16:45
日本大使公邸人質事件で被害を逃れた今井さん作のつぼ

日本大使公邸人質事件で被害を逃れた今井さん作のつぼ

 ▽面象嵌 広島知事ら確認

 1996年に起きた南米ペルーの日本大使公邸人質事件で、公邸内の美術工芸品で唯一破壊を免れたというつぼが、竹原市に創作拠点を構える文化勲章受章者の陶芸家今井政之さん(88)=京都市=の作であることが分かった。今夏、日本人移住120周年の祝賀会でペルーを訪れた広島県の湯崎英彦知事らが、今井さんの代名詞である面象嵌(めんぞうがん)を確認して判明した。
(ここまで 187文字/記事全文 1074文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 日本大使公邸のつぼと同じ魚が象嵌で表現された大皿「チャンカイ秘話」
  • 今井政之さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

美術の最新記事
一覧