• トップ >
  • 文化・芸能 >
  • 美術 >
  • 技を磨いて土を生かす。人生そのもの 今井政之さん文化勲章受章記念展、9月19日から広島

文化・芸能

技を磨いて土を生かす。人生そのもの 今井政之さん文化勲章受章記念展、9月19日から広島

2019/9/18 16:45
「技を磨き、土を生かす。創作は私の人生そのもの」と語る今井さん

「技を磨き、土を生かす。創作は私の人生そのもの」と語る今井さん

 面象嵌(めんぞうがん)の第一人者で、昨年度文化勲章を受けた陶芸家今井政之さん(88)=京都市。少年期を過ごした竹原市に創作拠点を構え、独自の芸術世界を切り開いてきた。70年余の作陶人生をたどる回顧展「陶藝の巨匠 今井政之展」が19日、広島市中区の福屋八丁堀本店で始まる。出展作や創作への思いを聞いた。
(ここまで 151文字/記事全文 1071文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 「白砂瓷 夜鷹 花壺」(2019年)
  • 「平和への談判 大皿」(2018年)
  • 苔泥彩「中東想」(1969年)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

美術の最新記事
一覧