文化・芸能

「忘れずに記憶し、示すこと」 広島市現代美術館で山口啓介さん個展

2019/8/16 16:45
「H/F島のクーポラ」(2018〜19年)の前で出展作に込めた思いを語る山口さん

「H/F島のクーポラ」(2018〜19年)の前で出展作に込めた思いを語る山口さん

 ▽広島や福島、広がるイメージ

 核問題などを入り口に、多様な表現を続ける美術家山口啓介さん(57)の個展「山口啓介 後ろむきに前に歩く」が広島市現代美術館(南区)で開かれている。創作の軌跡をたどる約120点は、見る者に具体的な社会問題を想起させつつ、生命や人間の英知への希望も感じさせる。
(ここまで 144文字/記事全文 949文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 「Calder Hall Ship―ENOLA GAY」(1994年、西宮市大谷記念美術館蔵)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ

 あなたにおすすめの記事

美術の最新記事
一覧