文化・芸能

ドキュメンタリー「沈没家族」加納監督に聞く 「家族のかたち、正解ない」

2019/10/7 12:54
「僕にとっては当たり前の環境だった」と子ども時代を振り返る加納監督

「僕にとっては当たり前の環境だった」と子ども時代を振り返る加納監督

 母親が実践した共同保育で育った加納土(つち)監督(25)=川崎市=が、自らの子ども時代を振り返ったドキュメンタリー映画「沈没家族」が8日から、広島市西区の横川シネマで公開される。同市を訪れた加納監督は「家族のかたちはいろいろ。正解なんてない」と力を込める。
(ここまで 129文字/記事全文 833文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

エンタメの最新記事
一覧