文化・芸能

チェロとピアノ、重厚と多彩さと 堤剛と萩原麻未、岩国で12月デュオ公演

2019/10/26 18:05
「音響が素晴らしい会場での演奏が楽しみ」と語る萩原麻未

「音響が素晴らしい会場での演奏が楽しみ」と語る萩原麻未

 日本チェロ界の重鎮である堤剛と、広島市安佐南区出身のピアニスト萩原麻未が協演するデュオ・リサイタルが12月7日、岩国市三笠町のシンフォニア岩国である。萩原は「尊敬してやまない相手との協演が楽しみ。二つの楽器が親密な会話を交わすような、デュオの魅力を味わってほしい」と語る。
(ここまで 137文字/記事全文 635文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 堤剛=(C)鍋島徳恭=
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

エンタメの最新記事
一覧