文化・芸能

「旧派」の再評価試みる 広島の頼山陽資料館で企画展

2019/11/29 20:04
「秋渓」(岡原大崋氏蔵)

「秋渓」(岡原大崋氏蔵)

 明治以降「旧派」とみられ、昭和に入り衰退した日本画家たちに光を当てた企画展「風雅なWho?がな山水画展」が、広島市中区の頼山陽史跡資料館で開かれている。伝統にのっとった高い技量をもつ画家たちの再評価を試みている。
(ここまで 107文字/記事全文 452文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

美術の最新記事
一覧