文化・芸能

いとしきもの、奥深い観察 岸田劉生展に寄せて

2019/12/4 20:21
「菊慈童麗子」(1920年、笠間日動美術館蔵)

「菊慈童麗子」(1920年、笠間日動美術館蔵)

 ▽画風変えつつ「写実」追求

 日本を代表する洋画家岸田劉生(1891〜1929年)は、「写実」の道を追求し、画風や技法をさまざまに変えた。描く対象も度々変化したが、そのほとんどが彼の身の回りの風景や、共に暮らす人々であった。ひろしま美術館(広島市中区)で開催中の「岸田劉生展―写実から、写意へ」は、そうした劉生の画業の変遷をたどる特別展になっている。
(ここまで 175文字/記事全文 1251文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 「支那服を着た妹照子像」(1921年、ひろしま美術館蔵)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

美術の最新記事
一覧