文化・芸能

ラスター彩、作陶50年の輝き 広島で10日から「七代加藤幸兵衛展」

2019/12/5 20:14
「ラスター彩姑姫文鳳首瓶」

「ラスター彩姑姫文鳳首瓶」

 玉虫色の輝きから「ペルシャの華」とも称されるラスター彩。その技術を受け継ぐ陶芸家七代加藤幸兵衛さん(74)=岐阜県多治見市=の個展「作陶五十年 ペルシア陶の燦(きらめ)き 七代加藤幸兵衛展」が10日、広島市中区の広島三越で始まる。
(ここまで 116文字/記事全文 532文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 七代加藤幸兵衛さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

美術の最新記事
一覧