文化・芸能

原発事故、作業員の奮闘 映画「Fukushima 50」3月公開

2020/1/31 19:09
舞台あいさつで記念撮影に応じる佐藤浩市(前列左から2人目)、渡辺謙(同3人目)たち

舞台あいさつで記念撮影に応じる佐藤浩市(前列左から2人目)、渡辺謙(同3人目)たち

 映画「Fukushima 50(フクシマフィフティ)」が3月6日から全国公開される。東京電力福島第1原発が東日本大震災の津波に襲われ、事故が発生した際の作業員の奮闘を描く。欧州、アジアなど73の国と地域での上映も決まっている。東京で試写会があり、主役の当直長を演じた佐藤浩市、原発所長役の渡辺謙らが舞台あいさつに立った。
(ここまで 161文字/記事全文 686文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

エンタメの最新記事
一覧