文化・芸能

災害ボランティアを舞台化 呉で3月「イシノマキにいた時間」

2020/2/14 20:08
会場のホールで小玉さん(右)と打ち合わせする福島さん

会場のホールで小玉さん(右)と打ち合わせする福島さん

 東日本大震災の被災地でのボランティア体験を舞台化した3人芝居「イシノマキにいた時間」が3月1日午後3時から、呉市役所内の新日本造機ホールで上演される。作・演出・出演の福島カツシゲさん(53)が昨秋、台風被災地の千葉県で呉市からのボランティアと心を通わせたことが呉公演につながった。
(ここまで 141文字/記事全文 875文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

エンタメの最新記事
一覧