文化・芸能

技と感性、手仕事の輝き 広島で日本伝統工芸展

2020/2/18 19:14
木村芳郎「碧釉漣文壺」

木村芳郎「碧釉漣文壺」

 第66回日本伝統工芸展が広島市中区の広島県立美術館で開かれている。陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の7部門にわたる304点が、手仕事の輝きを伝える。日本工芸会などの主催で3月1日まで。
(ここまで 99文字/記事全文 944文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 小林松斎「欅拭漆盛器」
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

美術の最新記事
一覧