文化・芸能

日本の作曲家に光当てたい 三原ポポロ新館長の片山杜秀氏に聞く

2020/5/7 18:58
「日本人作曲家の再評価にも力を入れたい」と話す片山氏

「日本人作曲家の再評価にも力を入れたい」と話す片山氏

 建築家の槇文彦氏の設計で2007年にオープンし、優れた音響のホールを備える三原市の市芸術文化センターポポロ。この春、著名な音楽評論家で慶応大教授の片山杜秀氏(56)が館長に就任した。東京一極集中が進む中、地方都市の音楽ホールが果たす役割は何か。クラシック音楽のファンの裾野をどう広げていくか。意気込みや戦略を聞いた。(馬場洋太)
(ここまで 165文字/記事全文 1322文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

エンタメの最新記事
一覧