文化・芸能

【灯を消さない コロナ禍と文化】寄稿<上>部谷京子 映画現場、新たな形模索

2020/5/25 19:17
昨年11月の広島国際映画祭2019。開幕式では国内外から多数のゲストが登壇した(広島市中区)

昨年11月の広島国際映画祭2019。開幕式では国内外から多数のゲストが登壇した(広島市中区)

 新型コロナウイルスの影響で多くの文化・芸術活動が中止に追い込まれた。出演者、スタッフ、観客たち多くの人手を介して成り立つ映画、音楽業界への影響はとりわけ大きい。コロナ危機と向き合う中国地方ゆかりの3人に、現状とこれからへの思いを寄稿してもらった。
(ここまで 124文字/記事全文 1532文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 部谷京子さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

エンタメの最新記事
一覧