文化・芸能

【灯を消さない コロナ禍と文化】寄稿<下> 作田忠司 ホールの役割、再認識を

2020/5/27 19:24
三原市芸術文化センターポポロが館内に設置した折り鶴のプロジェクト(ポポロ提供)

三原市芸術文化センターポポロが館内に設置した折り鶴のプロジェクト(ポポロ提供)

 自粛要請から緊急事態宣言、延長と続き、この3カ月間、私たち文化芸術の関係者はコロナ禍に翻弄(ほんろう)され続けてきた。それは人々が集う場を提供する公立文化施設も同様で、ホールの自主事業や共催公演、貸館業務も軒並み中止や延期が続き、スタッフの前向きな仕事は奪われ、払い戻しなどの事務作業に奔走させられている。
(ここまで 154文字/記事全文 1331文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 作田忠司さん
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

エンタメの最新記事
一覧