文化・芸能

【灯を消さない コロナ禍と文化】丸木美術館、団体客見込めず運営難

2020/6/30 19:31
「原爆の図」を展示している原爆の図丸木美術館(同館提供)

「原爆の図」を展示している原爆の図丸木美術館(同館提供)

 被爆の惨状を訴える連作絵画「原爆の図」を所蔵する原爆の図丸木美術館(埼玉県東松山市)が、新型コロナウイルス感染拡大による運営難に頭を悩ませている。臨時休館から再開したものの、感染拡大の恐れから、収入の柱となる団体客の来館が見込みづらい。傷みが進む作品を守るための建物改築も、2021年の着工予定が遅れる懸念が出ている。
(ここまで 160文字/記事全文 817文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

美術の最新記事
一覧