• トップ >
  • 文化・芸能 >
  • 美術 >
  • 【灯を消さない コロナ禍と文化】所蔵品の魅力再発見 広島県内の美術館、探る活路

文化・芸能

【灯を消さない コロナ禍と文化】所蔵品の魅力再発見 広島県内の美術館、探る活路

2020/7/21 19:38
簡単なクイズ(左下)を解きながら巡る筆の里工房の企画展

簡単なクイズ(左下)を解きながら巡る筆の里工房の企画展

 ▽展示手法やテーマ工夫

 新型コロナウイルスの影響で、急きょ展覧会の中止や延期を余儀なくされた広島県内の美術館が、スケジュールの空白を乗り切ろうと、所蔵作品展に活路を見いだしている。各館は展示手法やテーマに知恵を絞り、所蔵品を見直す契機にもなっている。
(ここまで 126文字/記事全文 1207文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 増田勉らの作品が並ぶはつかいち美術ギャラリーの展示会場
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

美術の最新記事
一覧