• トップ >
  • 文化・芸能 >
  • エンタメ >
  • 女性同士の友情、静かに優しく 映画「みをつくし料理帖」 松本穂香、所作学び時代劇に初挑戦【動画】

文化・芸能

女性同士の友情、静かに優しく 映画「みをつくし料理帖」 松本穂香、所作学び時代劇に初挑戦【動画】

2020/10/2 19:31
「映像の美しさもこの作品の魅力」と話す松本穂香

「映像の美しさもこの作品の魅力」と話す松本穂香

 高田郁のベストセラー小説を映画化した「みをつくし料理帖(ちょう)」が16日、公開される。江戸時代を舞台とした時代劇に初めて挑んだ松本穂香は「女性同士の友情を描いた人情劇。感動の詰まった作品」とアピールする。

 江戸で女料理人となった澪(みお)=松本=は大坂で幼少期を過ごし、姉妹のように仲の良かった女性がいた。後に吉原の遊郭で「あさひ太夫」と名乗る野江(奈緒)だ。2人は当時の大坂を襲った大洪水で離ればなれになっていた。やがて澪が作る料理が、再び野江との絆を強固なものにしていく。
(ここまで 240文字/記事全文 767文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 「みをつくし料理帖」の一場面
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

エンタメの最新記事
一覧